インプラントで治す

より負担の少ない手術に

インプラントは装着時の不快感や噛み合わせの不具合が軽減されることから、入れ歯やブリッジに代わる義歯として注目の治療法です。インプラントを利用するには、インプラント体と呼ばれる金属を顎骨に埋め込む手術が必要です。手術の際は、麻酔を行い、歯肉を切開する必要があります。個人差はありますが、術後に患部の腫れや痛みを伴います。 こうした手術の詳細を聞くと、手術そのものに対する恐怖感を覚える方は少なくありません。確かに、体に若干の負担はかかりますが、近年ではより負担や痛みを軽減する術式が採用されるなど、発達しているのも事実です。たとえば、従来は二度の切開を必要としていた術式を改め、近年では一度の切開で行う術式が主流となっています。切開の数が減るということは、その分痛みも減りますし、麻酔など体への負担も少なくなるというわけです。

歯科医院によって異なる方針

インプラントの術式は先述したように一度の切開で行う方法を採用するところが増えていますが、当然ながらそれぞれの術式にメリットがあるため、どの術式を採用するかは歯科医院や歯科医師の方針によって異なるのが実情です。そのため、歯科医院を選ぶ段階で、クリニックのホームページなどから治療方針などを十分に確認しておく必要があります。 またインプラントは急速に普及したという背景から、まだまだ技術が不十分な歯科医師もいるといわれています。歯科手術は狭い口腔内で行うため、特に技術を必要とする分野です。クリニックを選ぶ際は、医師の経歴やこれまでの実績・症例数にも注目するとよいでしょう。費用面だけでなくそうした細かいところもにも配慮することで、より快適に利用することができるようになります。

Copyright © 2015 美しい歯を作るための審美歯科と矯正歯科について All Rights Reserved.
Designed by:www.alltemplateneeds.com Images from: http://wallpaperswide.com www.photorack.net